様々な利用目的がある

勉強

福岡県には、私立高校と公立高校のそれぞれ2種類の通信制高校があります。最近は、芸能人などでも通っている人が多く、仕事をやりながらでも通いやすい点は魅力の一つと言えます。特に、知識を高めるために活用する人が多い傾向にあるでしょう。例えば、仕事で英語が必要になった時、高校に行っていなくて英語の勉強ができていない場合や中学校時代あまり勉強をしてこなかった人でも、通信制高校に通えばもう一度勉強をやり直す良い機会になります。また、大学進学のため通信制高校に通うことも利用する目的の一つになりつつあります。通信制高校も、全日制高校と同じように単位さえ取得すればそのまま大学受験の資格を取得することができるため、将来のステップアップに利用することもあるのです。

入試の準備は万全か

福岡県内にも、全日制高校と通信制高校の入試がありますが、通信制高校の入試は少し変わっており学力よりもどちらかといえば面接内容で決まる点があります。学校側としても、あまり高い学力を必要としているところは少なくたいていの場合その人の人柄などで入学させている部分があります。そのため、面接に力を入れておけば入学準備としては万全です。面接対策に関しては、志望動機が明確ならば問題ありません。もちろん、必要最低限の勉強をしておく必要があります。計算問題や国語の漢字そして基本的な読解問題などは頭の中に入れておくべきです。また、英語なども中学校一年生から二年生ぐらいで学習する基礎的な内容は頭に入れておくことが必要になるでしょう。

どれぐらいのお金がかかるのか

通信制高校と言えば、入学金や授業料などが必要になりますので、事前にお金がどれぐらい必要なのかを調べておいた方がよいです。同じ福岡県の通信制高校でも、公立高校と私立高校では支払う金額が随分と異なります。公立高校は、福岡県で運営しているため基本的なお金はあまりかかりません。教材費等がかかる程度で年間\30000から\40000程度になると考えておけばよいです。これに対して、私立高校の場合は補助金が出るようなところもありますが、それはなかったものと考えても、60万円位のお金は1年間に必要です。お金が高い分、学校側のサポートも非常に充実しているのがポイントになります。学校側としても、何もしなければ中退していく生徒が増えますので生徒が途中でやめないような対策を十分に考えています。最近は、カウンセリングなどを積極的に行っている通信制高校も少なくありません。

広告募集中